子育て

待機児童数はなんと0人!

近年、待機児童の数も減少傾向にあり、自治体でも保育所や定員を増やすなどして、待機児童対策を行っていますが、まだまだ多くの児童が保育園の入園を待っている状態です。 しかし大野市では、待機児童数はなんと0人! 延長保育や休日保育など安心して働くことができる子育て支援も充実していますので、共働きの夫婦の子育てをしっかりサポートします。 また子育ての相談や、同じく子育て中の親子と交流ができる場の提供など、様々な子育てサポートも充実しています。

子育て支援

児童手当

大野市内に居住していて、中学校3年生までの児童を養育している方に手当を支給します。

支給額(月額) 0歳~3歳未満(一律)、3歳~小学校終了前(第3子以降) 15,000円
3歳~小学校終了前(第1子・第2子)中学生(一律) 10,000円
所得制限限度額以上の所得のある保護者の児童(一律) 5,000円

福祉こども課0779-64-5142

特別保育事業

共働き家庭の増加や核家族化の進行によって困難になりがちな就労と育児の両立を支援するため、市内の各保育園等で特別保育を行っています。

  • 延長保育

    保護者の就労形態の多様化等に伴う延長保育の需要に対応するため、保育所の開所時間を超えた保育を行い、保護者の子育てと就労の両立を支援します。

  • 一時預かり

    保育所入所の対象とならない児童で、家庭での保育が緊急・一時的に困難となった場合、児童を保育所において一時的に保育します。 ※ ふくい3人っ子応援プロジェクトによる無料制度があります。

  • 休日保育

    保育実施児童で、保護者の病気、就労等により日曜や祝日の保育を必要とする児童を保育し、保護者の子育てと就労の両立を支援します。

福祉こども課0779-64-5142

病児デイケア事業

入院する必要はないが病気治療中である、あるいは病気が治りその回復期にある児童を、市が指定する医療機関で一時的に預かることにより、保護者の子育てと就労の両立を支援します。 ※ ふくい3人っ子応援プロジェクトによる無料制度があります。

福祉こども課0779-64-5142

放課後児童クラブ

昼間に保護者が働いていたり、病気などの理由のため、放課後に家庭で面倒をみられない小学生に遊びを主とする健全育成を行うことを目的としているクラブです。児童センターで、小学校終業後〜18時まで、夏休みなどの長期休校中も行っています。

福祉こども課0779-64-5142

すみずみ子育て
サポート事業

保護者が就職活動、疾病、事故、冠婚葬祭などの事由により、児童を養育できない場合に、一時預かり、生活支援(家事援助等)の支援をします。

福祉こども課0779-64-5142

子育て短期支援事業

保護者が病気になってしまったり、共働き等の就労環境により、家庭で児童を養育することが困難になった場合等に、市が指定する施設で養育等を行い、子育てを支援します。

福祉こども課0779-64-5142

大野市ではこのほかにも子育て支援を実施しています
  • 例)ふくい3人っ子応援プロジェクト・すくすく保育支援事業など

福祉こども課0779-64-5142

子育て交流

子育て交流ひろば
「ちっく・たっく」

子育て中の親子が気軽に集うことができる「ひろば」です。子育ての悩みを相談したり、同じ子育て中の親子と交流したり、みんなで楽しくわいわいガヤガヤできる場所です。 ショッピングモールVIO(大野市鍬掛)内のインフォメーション隣のスペースで午前10時から午後6時30分まで開いています。ただしVIOのお休みの日は「ひろば」もお休みなのでご注意ください。

特定非営利活動法人子育て交流ひろばちっく・たっく0779-66-3775

大野市地域子育て
支援センター
  • たんぽぽひろば

    広場の拠点となるプレイルームには、ゆっくりとくつろいでお母さん同士がおしゃべりを楽しんだり、子どもたちの大好きなおままごとのできるコーナーや絵本のコーナーがあります。 また、プレイホールでは子どもたちが滑り台やトランポリン、ボールプールなどでたっぷりと体を動かして遊べます。前庭では砂遊びや水遊びが楽しめます。 授乳室やお子さんと一緒に食事をとることができるランチルームもあります。その他にも誕生会などの楽しいイベントやクッキング教室やヨガ教室などの講習会・講演会、育児相談も行っています。

  • ほのぼの広場(公立保育園開放)

    第1・3火曜日の午前9時~午前11時まで公立保育園を開放しています。園の子どもたちと一緒に遊ぶことができます。

大野市地域子育て支援センター0779-65-7188

結の故郷
すこやか・ゆめみらい応援券

市内に住む若年世代や子育て世帯を応援するため、結の故郷 すこやか・ゆめみらい応援券(市内店舗で使用できる年額10万円の商品券)を最長3年間交付します。
対象者は、市内に定住している、平成25年4月1日以降に結婚した方、もしくは出生した子どもを養育している方です。※他にも交付要件があります。 市外で結婚・出生した場合でも、市に転入し定住する場合には対象になります。

福祉こども課0779-64-5142

医療情報

大野市内の病院・
診療所一覧

診療科の曜日と時間は各医療機関にてご確認ください。

健康長寿課0779-65-7333

【緊急時】休日急患診療所 
(大野市休日急患診療所)
診療日及び診療時間
土曜日
  • 午後1時~5時
  • 午後6時~午後9時
日曜日祝日
  • 午前9時~正午
  • 午後1時~午後9時
  • (8月15日16日、12月31日、1月2日3日を含む)

※土曜日と8月15日16日の小児科診療は行っていませんのでご注意ください。

大野市休日急患診療所0779-65-8999

【緊急時】子ども夜間
救急医療電話相談

お子さんの急病などで、夜でもすぐに病院へ行ったほうがいいのか、翌朝まで様子をみていいのか、迷ったことはありませんか? そんなとき、小児科医が電話でアドバイスします。

連絡先 電話番号 : 0776-25-9955
短縮ダイヤル : #8000
相談時間 午後7時~11時(毎日)
相談受付内容 子どもの急な病気に関する相談

健康長寿課0779-65-7333

【緊急時】夜間小児救急

夜間、お子さんの急な病気でお困りの場合は、各病院が当番制で対応しておりますので、ご利用ください。

健康長寿課0779-65-7333

子ども医療費助成制度

大野市内に住む中学校3年生までの子ども全員の医療保険診療にかかる一部負担金を助成します。 ※母子(父子)家庭等医療費、重度医療費受給資格者、生活保護受給者等は対象外となります。

福祉こども課0779-64-5142