HOME

住む

Bさんの場合

住む

Bさんの場合都会からのUターン

性別
男性
年齢
20代
家族構成
一人暮らし
環境
  • 大野市出身
  • 大学進学と共に都心へ上京
  • 奨学金を借りながら都心の大学に通っている
悩み
  • 就職が中々決まらず、焦りを感じている
  • 就職が決まらないと彼女との結婚が許されない
夢・願望
  • 就職したい
  • 小規模でいいので結婚式を挙げたい

STEP01 就活

思うように就職活動が進まず、来る日も来る日も企業説明会に参加し、エントリーシートを書き続け、2次選考辺りで落とされる日々を送っていたBさん。

刻一刻と新卒という特権が失われる日が迫り、焦りと不安に押しつぶされそうになっていたとき、Uターン就職という選択肢を考えはじめ、福井県ふるさと帰住センター東京オフィス(※「Uターン就職支援センター」は社会人向け)に相談して、地元企業への就職活動を始めました。

STEP02 就職と卒業、そしてUターンへ

福井県ふるさと帰住センター東京オフィスのサポートもあり、福井市内の企業に就職が決まったBさん。

その後単位を落とすこともなく無事に卒業し、福井県に引っ越すこととなりました。 しばらくは職場に近い福井市内に住居を構えようと考えていたところ、卒業後に大野市に帰ってくると毎月の奨学金の返済額が1/2になる結の故郷奨学金の交付を受けていることに気付きました。そこで、大野市にUターンして実家から通うことにしました。

STEP03 結婚

Uターン後、新社会人として忙しい毎日を送っていましたが、次第に生活が落ち着き始め、いよいよ結婚の話が現実味を帯びてきました。

新卒の給与ということもあってBさん自身はひっそりと小規模な式を挙げようと考えていましたが、やはり女性にとって結婚式は一世一代の大イベント。

どうしようかと悩んでいたところ、ハッピーブライダル応援事業という大野市内で結婚式を挙げると受けることのできる助成制度があることを知り、それを利用して自然豊かな大野で、彼女の希望通りの式を挙げることができました。

また、結婚式したことですこやか・ゆめみらい応援券(10万円/年の商品券、最長3年間)の交付を受けることができました。

STEP04 リフォーム

結婚式も無事に終わり、Bさんと妻は今後の住居のことを相談し始めました。

新居を探そうとも思いましたが、Bさんの実家は兄弟が全員上京先で居を構えていることもあり、空き部屋がたくさんあって少し寂しい状態。

どうせならリフォームして好きに使ったらいいと両親に勧められ、新婚世帯同居住宅リフォーム支援事業を利用してBさん夫婦の居住区を確保するためのリフォームを行いました。

一家の大黒柱としての生活がスタート

両親との同居が始まり、社会人として、夫として、大野人としての生活が、今改めてスタートしました。

子どもを授かり、すこやか・ゆめみらい応援券(10万円/年の商品券、最長3年間)をさらにいただきました。

「まさか大野市にUターンしてくるとは夢にも思っていませんでした。上京して大学に行ったのは単にこの田舎から飛び出したかったからなんですよね。でも、いざ戻ってくるとやっぱり水や食べ物はおいしいし、空気はきれいだし、都会と違って静かなのであらためていい場所なんだと思いました。こころなしか時間の流れも緩やかに感じます。
あと、結の故郷奨学金で毎月の返済額が1/2になった奨学金ですが、結婚して大野市に住むことで免除になったのは本当に驚きました。」

Bさんの受けた支援一覧

受けられる助成金の
最大支給額
120万円(うち20万円は商品券)
利用した移住定住支援制度 奨学金 詳しくはこちら
ハッピーブライダル応援事業 式や披露宴にかかった費用のうち、市内の業者利用分の2割を補助。
上限は50万円で該当年度に6割(上限30万円)、
3年経過後に残り4割(20万円)を支給。
詳しくはこちら
すこやか・ゆめみらい応援券 10万円/年の商品券を最長3年間支給。
詳しくはこちら
新婚世帯同居住宅
リフォーム支援事業
補助対象となるリフォーム工事に要する額の1/3に相当する額
(千円未満は切り捨て)を補助。
ただし、補助金額の上限は50万円
詳しくはこちら
結の故郷 越前おおのオフィシャルFacebook
  • 越前おおのブランドサイト
  • 天空の城 越前大野城
  • Carrying Water Project 水への恩返し
  • 大野へかえろう
  • 大野市のホームページ
  • 越前おおの観光ガイド
  • 越前おおの農林樂舎
  • まんまるサイト