HOME

働く

Dさんの場合

住む

Dさんの場合農業法人への就職

性別
女性
年齢
20代
環境
  • 大野市出身
  • 大学進学を機に上京し、都内に住んでいる
  • 大学を卒業後は都内の企業へ就職している
悩み
  • 都内の企業で数年間OLとして勤務するものの、仕事が自分に向いていないのではないかと感じている
夢・願望
  • 元々自然と触れ合うのが好きなので、できればそういった職種に転職したい

STEP01 Uターン

大学卒業後、都内の企業に就職したDさん。人並みに仕事をこなしてきたつもりではあるけれど、最近この仕事が自分に合っていないような気がしています。 色々と転職活動も行いましたが、何かしっくりくるものがなく両親に相談したところ、一度大野市へ戻ってじっくり考えることにしました。

STEP02 休息

退職後、大野市へUターンしたDさん。しばらくはゆっくりと羽根を休めるつもりでしたが、たまたま足を運んだ七間朝市で売られている野菜を眺め、農家のおばさんと何気ないおしゃべりを交わしたDさん。この時彼女の中で何かが動き始めました。

STEP03 相談

「農業をしてみたい」そう思い始めたDさん。しかし、漠然とした気持ちが高まる一方で具体的に何から始めていいのかわからないので、奥越農林総合事務所へ相談に行きました。そこで将来的にどのようなビジョンを持っているか等を聞かれましたが答えることができず、まずはDさんが農業に向いているのかを確かめるために農業インターンシップで農業を体験することになりました。

STEP04 農業インターンシップ

二週間の間、農業法人で体験研修をすることになったDさん。

慣れない農作業に四苦八苦するものの、都内の企業では味わえなかったやりがいを覚え始めます。

研修を終えたDさんは達成感と農業への強い想いに満たされていました。

今回は二週間の研修ということもあって参加補助を受けることができました。

STEP05 2度目の相談

転職先と住居も見つかり、いよいよ引越しです。

農業への想いがより強くなったDさん。農業インターンシップを経験する前と比べて具体的なビジョンが固まってきましたが、ここで大きな壁にぶつかります。

「元々実家は非農家なのでDさん自身の農業に関する知識や技術が乏しい。」

「独立就農を目指したいがそのために必要な準備資金がない。」

「ましてや自分は今、無職である。」

いくら農業を仕事としてやっていきたいという想いが強くとも、知識も技術もなく、機材や農地を確保するための資金もない状態で独立就農ができる程、農業は甘くありません。

再度相談すると、まず独立就農を目指すのではなく農業法人への就職を目指してはどうかと勧められます。

※農業法人へ就職すると一定の収入を得つつ農業に関する技能や経営のノウハウを身につけることができるといったメリットがありますので、働きながら独立就農へ向けた下積みをすることも可能です。

STEP06 就職活動

Dさんは就農者としての第一歩を踏み出すために、農業法人で働くための就職活動を始めます。農業への熱意が認められ、農業法人への就農が決まったDさんは晴れて新規就農者になれたのでした。

GOAL 独立就農へ向けて

就農後、毎日が新鮮に感じることができる環境に喜びを噛みしめるDさん。

日々多くのこと学びながら前に進み、時には失敗して後ろに下がり、思い切り悩むために立ち止まってまた前に進み出す。

夢の独立就農を目指し、Dさんは今日も畑に出ます。

結の故郷 越前おおのオフィシャルFacebook
  • 越前おおのブランドサイト
  • 天空の城 越前大野城
  • Carrying Water Project 水への恩返し
  • 大野へかえろう
  • 大野市のホームページ
  • 越前おおの観光ガイド
  • 越前おおの農林樂舎
  • まんまるサイト